産婦人科の完全再開に向けた第一ステップ!

 2018年3月から休止している産婦人科のうち、婦人科において、新規患者さんの受入れを再開することについて、一定の見込みがつきました。

 私が市長に就任して以来、東京医科歯科大学に幾度となく医師の派遣について要請してまいりましたが、この度、同大学から医師1名を派遣いただけることになりました。

 これにより、草加市立病院に在勤する常勤医師との2名体制で、外来での婦人科外来の新規患者さんの受入れを来年1月をめどに再開する予定です。

 今後は、分娩にも対応できるよう、引き続き、常勤医の確保に努めてまいります。

婦人科再開後について

再開時期

 令和5年1月を目途に調整しています

診療体制

 ・婦人科領域での新規患者の受入れ

  ※入院加療が必要な方は、東京医科歯科大学病院などを紹介します

 ・医師 2名

  東京医科歯科大学からの派遣医師 1名

  草加市立病院在勤の医師 1名